×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

引越手続 お役立ち情報情報

区役所でする引越手続き

区役所でする引越手続きは、印鑑や老人医療証、赤ちゃん医療証、を持参して届けをします。すべての届けが終わったら、転出証明書がもらえます。一方転入届は、移転後14日以内に、転出証明書や各証書を持って届けます。


老齢福祉年金を受給している人は、印鑑を区役所に持参して引越手続きをし、所得証明書を受け取ります。転入届をする場合には、印鑑と国民年金手帳、所得証明書を持参します。この他、原付自転車の登録変更も必要となってきます。


この他、引越手続きの中で大切なものが、電話の変更です。引越が決まったらすぐにNTTの116に電話をして届けます。また、転居日の10日前くらいには、電力会社各社に引っ越して続をします。この場合お客様番号が要ります。


引越手続きは、すべて必要な手続きを紙に記入しておく必要があります。用意しなければならないものや、いつ届け出れば良いのか、必要なものの順に並べてから行いましょう。計画的に引っ越して続をしていくことが大切です。


新しい区役所でする引越手続き

新しい区役所でする引越手続きは、印鑑、国民健康保険証、国民年金手帳と転出届を持参して転入手続きをします。印鑑登録は、転出届を出した時に、一旦印鑑登録は消去されます。転入届の時に、再度印鑑登録をします。


子供が公立の小学校と中学に通っている場合の引越手続きはとても面倒なものです。区役所で転出学通知書をもらってから、学校にこれを提出します。在学証明書や教科書受給証明書を、通っていた学校から受け取ります。


この他、引越手続きの中で大切なものが、電話の変更です。引越が決まったらすぐにNTTの116に電話をして届けます。また、転居日の10日前くらいには、電力会社各社に引っ越して続をします。この場合お客様番号が要ります。


引越手続きの公共料金の中で、転入手続きが要らないのは、電話だけです。後は、電気は申込み用紙に記入して投函します。ガスは転入の2,3日前に転居先を管轄しているガスサービスショップに電話をして、引越当日に利用できます。


公共機関の引越手続き

新しい区役所でする引越手続きは、印鑑、国民健康保険証、国民年金手帳と転出届を持参して転入手続きをします。印鑑登録は、転出届を出した時に、一旦印鑑登録は消去されます。転入届の時に、再度印鑑登録をします。


老齢福祉年金を受給している人は、印鑑を区役所に持参して引越手続きをし、所得証明書を受け取ります。転入届をする場合には、印鑑と国民年金手帳、所得証明書を持参します。この他、原付自転車の登録変更も必要となってきます。


公共機関の引越手続きのうち、転入届の要らないのが、郵便です。転出する時、郵便局に置かれている「住所変更届」を郵便局に提出します。ただし、郵便貯金通帳や定期預金、簡易保険などの住所変更に関しては、印鑑と通帳が要ります。


引越や、引越手続きに関するサイトには、引越チェックサイトがあります。引越の一週間前から、しなければならない必要事項をすべてチェックする形で並べられています。こうしたシートを利用して、賢く引越をしていきたいものです。